ことばの波止場

Vol. 1 (創刊号 2017年3月発行)

広領域連携型基幹研究プロジェクト : 方言の記録と継承による地域文化の再構築

1995年の阪神・淡路大震災,2011年の東日本大震災,2016年の熊本地震と,私たちはこの20年間に大きな地震を3度経験しました。台風による被害や大雨による被害もたくさん起きています。災害もさることながら,地域が抱えるもっと大きな問題は,人口の減少による地域の疲弊です。このような地域の問題に対して,言語の研究はどう向き合えばいいのでしょうか。

私たちが行っているのは,ことばを通して地域を元気にしようという試みです。地域の人はみな,方言を誇りに思っています。そのような人たちと一緒に方言辞典を作ったり,録音をとったり,子どもたちに方言を教えたりして,地域文化の価値を再確認しています。

鹿児島県喜界島のみなさんと

(木部 暢子/言語変異研究領域 教授)