ことばの波止場

Vol. 5 (2019年3月発行)

著書紹介 : 小学生から身につけたい 一生役立つ語彙力の育て方

石黒圭・柏野和佳子

KADOKAWA 2018年10月

書影 一生役立つ語彙力の育て方
『小学生から身につけたい 一生役立つ語彙力の育て方』
書影

「語彙力」を冠した一般書が書店で目につくようになったのは,2015~16年頃。その主流は,社会人としての口の利き方を伝授するたぐいのハウツー本で,「これで『語彙力』は大げさでは」と思うものもあります。そんな中,本書の著者のひとり石黒圭さんの『語彙力を鍛える』(光文社新書)は,語レベルの表現の問題全般を論じた,真正の表現概論でした。

ただ,読者の中には,もっと実践的な問題集がほしいと思った人もいたかもしれない。その期待に応えるのが,さしずめ,本書『一生役立つ語彙力の育て方』です。

本書は,それこそ,語レベルの表現全般にかかわる43種の練習問題を用意し,それぞれに丁寧な解説をつけています。柏野さん担当の前半では,「『遊ぶ』を国語辞典ふうに説明せよ」といった,辞書編纂者養成系の問題が並んでいて,「なるほど,これならトレーニングになる」と,分かりみが深い。石黒さん担当の後半では,「『今の体重がやばい』を普通のことばに言い換えよ」など,ユーモアも含んだ石黒メソッドの問題が続きます。

自分だけでなく,周囲の人にもやらせたくなる問題が満載。学校の先生は,本書を基に,自分なりの問題を作ってみるのもいいでしょう。

▶飯間浩明(国語辞典編纂者)