ことばの波止場

Vol. 9 (2021年3月発行)

コラム : 「ブレーキ踏んでた!」はなぜ運転手しか言えないのか〜発話の権利〜

「ブレーキ踏んでた!」はなぜ運転手しか言えないのか〜発話の権利〜

ドライブに行こうと,皆でレンタカーに乗り込んだが,なぜか車は動かない。「燃料は入ってるよね」「キーは刺さってるな」などと,車内の皆で原因を探るうち,車内の1人が原因を発見する。なんと,運転座席にすわっている父親が,アクセルと間違えてブレーキを踏んでいるのである。

この時,原因を発見した者が父親の足を指しながら「あ,ブレーキ踏んでた!」と言ったとすれば,それは基本的に父親自身である。発話の自然さを日本語の母語話者(10代~70代以上115名)に5段階で評価してもらった,アンケート調査の結果を示そう(1点 : 最も不自然,5点 : 最も自然)。父親の「あ,ブレーキ踏んでた!」発話は高評価(平均4.4点)である。だが,後部座席の子供が父親の足を指しながら言う「あ,ブレーキ踏んでた!」発話は低評価(平均2.2点)である。

ブレーキ踏んでた!とブレーキ踏んでる!の図解

子供の「あ,ブレーキ踏んでる!」発話は問題ない(平均4.7点)。それなのに,「あ,ブレーキ踏んでた!」発話は父親以外だと言いにくい。どういうことだろうか?車内の人間たちは,[車が動かない原因は不明(少なくともペダルの踏み間違いではない)]という知識を心内に持っている。だが,父親がブレーキを踏んでいることに気づけば,[車が動かない原因はペダルの踏み間違いだ]という新知識を得る。そして,いままで持っていた知識を,この新知識に更新する。これは簡単な作業である。だが,それは心内でおこなう作業の話である。

心内で人知れず作業(知識を更新)することと,発話をとおしてその作業をあからさまにおこなうことは,別である。前者は誰でも簡単にできる。だが,問題の「た」発話は後者に属する。破棄すべきことが明らかとなった,これまでの自分の古い知識に思いを馳せ(それで過去の「た」が現れる),「正しくはこうだった」と,それをあからさまに更新してみせる行動である。(「あからさま」「~してみせる」とはいっても,必ずしも意図的ではないことを断っておく。)

これは基本的に父親にしかできない。なぜか?運転座席に座っているのが父親だからである。いまコミュニケーションの場に発生している問題[車はなぜ動かないのか?]を自分の問題として引き受け,なんとか解決をはからねばならない,この問題の「責任者」だからである。(後部座席の子どもでも,車が動かないことを,よほどきもちを込めて不思議がり,自分のこととして原因を探し回っていたなら,「責任者」の仲間入りを果たしているので,「あ,ブレーキ踏んでた!」と言えるだろう。「基本的に」父親,と述べているのは,この意味である。)

「た」と同じことは,「えーと」のような,考え中の発話にも観察できる。心内で考えることは誰にでもできる。だが,「えーと」と言って皆の前であからさまに考えてみせることは,「責任者」にしかできない。

たとえば「190円と160円で,えーと,350円ですね」のように,発話している最中の話し手が「えーと」と言うことは自然である(平均4.5点)。話し手は,いまコミュニケーションの場に発生している問題[次に何を言うべきか?]の「責任者」だからである。

また,それまで黙っていた者が,「えーと,それ,ちょっと違うんじゃないですか」と,「えーと」発話を皮切りに,異議をとなえ始めることも,(多少失礼な言い方ではあるが)自然である(平均4.0点)。これは,それまでの話し手を差し置いて,コミュニケーションの場に生じた問題を引き受ける「責任者」の立場を自ら買って出る発話である。

さらに,「どう思いますか,○○さん?」と,先生に当てられてしまったが,何を言えばよいかわからず,話すつもりもない生徒が,自分には見切りをつけて早く他の生徒を当ててくれという,いわば「パス狙い」で,「えーと…」と言ったきり黙りこくるということも,(決して褒められたことではないが)一応自然である(平均3.8点)。これは,意に反して先生から「責任者」の立場を割り当てられてしまった発話である。

以上のケースに該当しない者たち,つまりコミュニケーションに参加して議題を真剣に考えてはいるが,意見を述べるつもりはなく,期待もされていない「外野」の者たちは,「えーと」と言うこともあまり自然ではない(平均2.6点)。

「発話の権利」と言えば,「他人の話に口出しするな」「割り込むな」などと取りざたされる面があることは,よく知られている。だがそれとは別に,コミュニケーションの場に発生する個々の問題ごとの,動的なものもあると考えてもよいのではないか。

※ 本稿は,日本学術振興会の科学研究費補助金(基盤(S)20H05630)の成果を含んでいる。
文献
定延利之(編)2020『発話の権利』東京 : ひつじ書房

定延利之
定延利之
SADANOBU Toshiyuki
さだのぶ としゆき●京都大学文学研究科 教授。
専門分野は言語学・コミュニケーション論。