ことばの波止場

Vol. 9 (2021年3月発行)

編集後記

『ことばの波止場』第九号をお届けします。今回の特集は「研究者コミュニティーに開かれた国語研」で、二種類の記事を載せています。1つは、「領域指定型(公募型)プロジェクト」の紹介です。これは国語研が公募して行われた、所外の方を中心とする研究プロジェクトに関するもので、今回はその中から3つを取り上げて成果を紹介していただきました。もう1つは、国立国語研究所研究情報発信センターの公開データに関するもので、国語研の持つ資料の利用のしかたについてもご案内しています。合わせて、研究者コミュニティーに利用していただく大学共同利用機関としての国語研の役割を示そうとしました。領域指定型の研究プロジェクトは多岐にわたっており、国語研の研究の裾野の広がりについても知っていただけると幸いです。このほか、エッセイではプロジェクト共同研究員でもある定延先生にご寄稿いただきました。

表紙は、国語研がオンラインで公開している『言語学レクチャーシリーズ』のスクリーンショットで、これも別の意味で「開かれた国語研」の姿を示すものです。YouTubeで「言語学レクチャーシリーズ」と検索することで、簡単にそのサイトに行くことができます。ほかにも国語研の活動を紹介するビデオなどがありますので、合わせてご覧ください。

研究者紹介では、最近着任された方(五十嵐先生)と、この3月で退職される方(木部先生、野田先生)を取り上げました。研究が新しい世代へと引き継がれていることを垣間見ていただければと思います。木部先生と野田先生、そして前号で取り上げた熊谷先生にとっては、コロナ禍で対面の機会が持てないままでの退職となりました。これまでの国語研での大きな貢献に感謝しながら、編集後記といたします。

(松本曜)

国語研 ことばの波止場 vol.9

2021年3月31日発行
編集 : 国立国語研究所研究情報誌編集委員会
(柏野和佳子(委員長)、井上文子、小木曽智信、福永由佳、横山詔一、松本曜)
発行 : 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所
〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
電話 : 0570-08-8595(ナビダイヤル)
協力 : くろしお出版
デザイン : 黒岩二三[Fomalhaut]
https://www.ninjal.ac.jp/
©National Institute for Japanese Language and Linguistics