ことばの波止場

Vol. 10 (2021年9月発行)

著書紹介 : コーパスと近代日本語書き言葉の一人称代名詞の研究

近藤明日子
勉誠出版,2021年2月

コーパスと近代日本語書き言葉の一人称代名詞の研究
『コーパスと近代日本語書き言葉の
一人称代名詞の研究』書影

二つの点で画期的な本だと思う。先行研究のきわめて多い,近代語の一人称代名詞について,知られていなかった数々の言語事実を明らかにし,その体系変化を明解に説明した点と,日本語の歴史の研究において,コーパスを作って研究をすることが,いかに大きな力を発揮するかを示した点とである。

第一の点は,著者の様々な工夫の賜物だが,従来用いられることのなかった文語体書き言葉も含めた,多様な文体の資料を時系列に沿って調査したことと,性差の視点を重視したこととが,特にものを言っている。書き言葉と話し言葉が相互に絡み合いながら進む文体変革と,社会の近代化にともなって変容するジェンダー意識とが,一人称代名詞の体系形成に影響を与えたことが,総合的にとらえられており,日本語史研究に新しい視界を切りひらいた。

第二の点では,研究目的に応じてコーパスを設計し,得られたデータに対して,細心の注意と粘り強い思考に基づいて,統計処理や文脈分析を施しているところが,特に読み応えがある。手間をかけ,時間をかけ,データを作り込み,データと対話することで,質の高い研究が成るわけである。コーパスの導入は,日本語史研究を格段に発展させている。

▶田中牧郎(明治大学)