ニュース

2020.01.28 2020年01月28日 イベント報告

国語研の『出前授業』ってどんなもの?(2019年度に実施した3回の出前授業)

国立国語研究所では,小・中学生が「ことばっておもしろい」と感じてくれるよ うなプログラムを実施しています。学校や,児童館,学習館等へ出向いての出前授業を行っています。今年度実施された 3回の出前授業の様子を紹介します。

出前授業  『つくってあそんで 辞書カルタ ことば博士になろう』

横須賀市立明浜小学校 ことばの教室

2019年12月18日,横須賀市立明浜小学校 ことばの教室(神奈川県横須賀市)で,国立国語研究所の NINJALジュニアプログラム『つくってあそんで 辞書カルタ ことば博士になろう』が実施されました。

「衣服(いふく)」を表すことばはどれでしょう?
身近な例から,意味が狭くなることばや,広がることばについて考えます。

「ことばの教室」は,ことばや聞こえに課題のあるお子さんたちの通級クラスです。このプログラムは,年三回開催されているイベント「楽しい会」の枠組みの中で,楽しく遊びながらことばについて学べるワークショップをしてほしいとの要請を受けて企画したもので,当日は保護者が見守る中,小学二年生から六年生の児童15人が参加しました。

柏野和佳子 准教授(音声言語研究領域)が講師となり,プログラムの前半はことばの並べ替えクイズやワークシートを通して楽しみながら国語辞典の引き方を学べる「辞書引き体験」を,後半は辞書を利用して自分の好きなことばをカードにする「オリジナルカルタづくり体験」を行いました。こどもたちは熱心に辞書を引いてことばの意味を調べたり,夢中になってカルタ取りをしたりと楽しんでおり,「ことば」や辞書について学べる良い機会となりました。

カルタ取り大会でカルタを取る児童
自分で作ったカルタでのカルタ取り。ついつい熱がこもります。

参加した児童からは「いろんなことばがでてきて楽しかった」「かるたをつくるのが楽しかった」などの感想が寄せられました。

出前授業 『めざせ! 辞書引きの達人!』

水俣市立水俣第一小学校 六年生

2019年6月19日,水俣市立水俣第一小学校(熊本県水俣市)で,NINJALジュニアプログラム『めざせ! 辞書引きの達人!』が実施されました。この授業は熊本県義務教育課からの依頼を受けて国語研が企画・実施したもので,小学六年生 3クラスの児童を対象に,柏野和佳子 准教授が講師を務めました。

水俣市立水俣第一小学校の出前授業の様子

敢えて辞書を使わずに語釈(意味の説明文)を自分で作成する「国語辞典に挑戦!」や,一つのことばについて様々な辞書を引き比べ,いくつ意味が掲載されているかを調べる「辞書引き競争」など,辞書とことばについて様々な角度から学ぶ授業となりました。

参加した児童からは「昔と今では,意味は同じでも,言い方がちがったり,同じことばでも意味がちがったりして面白かった」,「もっと国語辞典をひいて,新しい発見をしてみたい」などの感想が寄せられました。

出前授業 『語彙力がつく! 辞書の活用』

府中市立府中第二中学校 一年生

2019年5月30日,府中市立府中第二中学校(東京都府中市)で出前授業『語彙力がつく! 辞書の活用』が実施されました。昨年度に引き続き,同中学から「語彙力をつけることで,今後の中学生活を新入生がスムーズに送れるようにしたい」との希望があり,実現したものです。柏野和佳子 准教授が講師となって,一年生 5クラスの生徒が参加しました。

府中市立府中第二中学校での授業の様子

「国語辞典に挑戦!」や「辞書引き競争」などのワークショップ問題には生徒それぞれが考えた回答が披露され,活気のある授業となりました。生徒からは「ほかの人の辞書とは,意味の数がちがったりしているのも楽しかった(びっくりした)」,「少し気になることばは辞書で調べてみようと思った」などの感想が寄せられました。

詳細については,国語研公式サイトをご覧ください。