ニュース

2019.01.25 2019年01月25日 イベント案内

琉球沖永良部語ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」

2月10日(日),国立国語研究所にて,どなたでもご参加いただける無料ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」を開催します。みなさまぜひ,お気軽にご参加ください。

琉球沖永良部語ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」参加者募集ポスター
ポスターがご覧になれます [ PDF | 1,847KB ]

沖永良部島のこども達が作った「島のことば」に関する作品を体験

日本には危機言語が少なくとも8つあると言われています。そのうちの1つの言語を話す島,奄美諸島沖永良部島国頭集落のこども達に,夏休み制作として,親子で「島のことば」に関する作品を作ってもらいました。彼らが作ったしりとり・レシピ・歌・踊りを通して,日本の中の言語の多様性を体験します。

小説家・中脇初枝さんのトークも

沖永良部島を舞台にした小説『神に守られた島』『神の島のこどもたち』の著者,中脇初枝さんのトークもあります!

島

開催概要

日時 2019年2月10日(日)13:00~16:00(12:30 開場)
会場 国立国語研究所 2階 多目的室(東京都立川市緑町10-2)
交通案内
参加費 無料
(交流会に参加される場合は,交流会参加費 : 500円)
お申し込み 必要ありません。直接,会場においでください
お問い合わせ 横山晶子 : akikoyokoyama1110[at]gmail.com [at]を@に変えてください
国立国語研究所 : 042-540-4300 (代表)

プログラム

  1. 「くんじゃい・しまむにプロジェクトについて」
    山田真寛,横山晶子(国立国語研究所)
  2. 「物語の生まれる島 沖永良部島」
    中脇初枝(小説家)
    ― 休憩 ー
  3. 「しまむにの継承~国頭(くんじゃい)の取り組み紹介~」
    福島文子(国頭集落村づくり委員教育部会)
  4. 「方言しりとり」
    田代和花,彩羽,雅,勇太,恵
  5. 「あじとぅ つくゆぬ やせづけ(おばあちゃんと 作る 大根漬け)」
    今井響,良喜,博美,優
  6. 「あやとぅ やまだ(お姉さんと トンボ)」
    大栄風翠,希奄,讃一道,潮和,ひろみ,勝吾
    唄と踊り
    やまだぬ みーかがん(トンボの 眼鏡)
    えらぶの子守歌
    国頭ヤッコ
  7. 交流会
    参加費 : 500円

「国際母語デー」(2月21日)知っていますか?

世界には7000もの言語が話されているとされていますが,その約半数が消滅の危機にあるとされています。「国際母語デー」は,言語と文化の多様性,多言語の使用,そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として,1999年にユネスコが制定しました。沖永良部島のことば(しまむに)に直接触れる体験を通して,言語と文化の多様性について考えましょう。

今回のワークショップは以下の助成金を使用して行われます。
国立国語研究所(所長裁量経費,基盤型共同研究プロジェクト「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」),科研費(17J04617「危機言語の継承に向けた実践的研究-琉球沖永良部語を事例に-」,16K16824「琉球諸語の記述と復興研究のためのプラットフォーム基盤構築研究」)企画 : 言語復興の港