ニュース

2018.11.28 2018年11月28日 お知らせ

2018年度 仲宗根政善研究奨励賞 受賞(青井隼人 特任助教)

7月7日(土)に沖縄国際大学で開催された沖縄言語文化研究センターの総会において,国立国語研究所の青井隼人特任助教(言語変異研究領域)が2018年度仲宗根政善研究奨励賞を受賞しました。

青井隼人先生 2018年度仲宗根政善研究奨励賞受賞

今回の受賞に関連する論文は以下の通りです。

関連論文

  • 青井隼人 (2012)「南琉球宮古方言の音韻構造」『コーパスに基づく言語学教育研究報告』8
  • 青井隼人 (2012)「宮古多良間方言における「中舌母音」の音声的解釈」『言語研究』142
  • AOI, Hayato and Yuto Niinaga (2013) The Central High Vowels in Ryukyuan Languages: A Comparative Palatographic Study of Yuwan Amami and Tarama Miyako, Journal of Okinawan Studies 4 (1)
  • 青井隼人 (2016)「南琉球宮古多良間方言の三型アクセント:その特徴と型の中和」『音声研究』20(3)
  • 青井隼人 (2018)「南琉球宮古多良間方言におけるピッチ上昇ー複数の韻律句が連続する場合のピッチパターンの記述ー」『国立国語研究所論集』14

青井先生,おめでとうございます。