ニュース

2020.11.02 2020年11月02日 お知らせ

誰でも自由に利用できる!東アジア漢字文化圏で最大の文字コレクション「史的文字データベース連携システム」が稼働

2020年10月,歴史的文字画像データが横断検索できる「史的文字データベース連携システム」(https://mojiportal.nabunken.go.jp/)が稼働しました。このデータベースには,これまで人類が書いてきたさまざまな文字の画像(主として漢字)が約150万点も収録されており,どなたでもご利用が可能です。この連携システムには国立国語研究所も参加しています。

中国漢代から日本の近世にいたるまで,さまざまな文字を収録

下記の画像は「国」という字の検索結果です(一部を表示)。研究者はもとより,書道や歴史,古文書に興味がある方にとっては,大変興味をそそられる文字が見つかるのではないでしょうか。

「史的文字データベース連携システム」検索結果画面表示(日本語)
「史的文字データベース連携システム」
検索結果画面表示(日本語)

文字画像を眺めるだけでも楽しいデータベースです。ぜひ,お好きな文字を1文字入力し,検索してみてください。お子様と一緒に字形を比較したり,文字の成り立ちを考えてみるのもいいですね。文字が持っている歴史と新たな魅力が感じられますよ。

「史的文字データベース連携システム」とは

日本と台湾の研究機関(東京大学史料編纂所,奈良文化財研究所,国文学研究資料館,国立国語研究所,京都大学人文科学研究所,中央研究院歴史語言研究所/数位文化研究中心(台湾))が,かねてより蓄積してきたデータベースの連携運用を目指して,協議・開発を重ねてきたシステムです。
この連携ポータルを通じて発信される情報は,すべてオープンデータを原則としており,ユーザーは自由にデータを2次利用することが可能です(creative commons CC-BY SA 相当)。詳しくは,東京大学のプレスリリース資料(PDF)をご覧ください。