国語研の窓

第1号(1999年10月1日発行)

研究成果の紹介:『方言文法全国地図』第4集 表現法編I

『方言文法全国地図』第4集 表現法編I

「うちの孫は字をおぼえたのでもう本を読むことができる(能力可能)」ということを友だちに話すときの表現は,全国の方言を調べてみると約200とおりのバラエティがあります。上の地図の水色記号は「読むことができる・読むごだでぎる・読むこつがでくる・読むごどあでる」の類,紺色記号は「読める・読むる・ゆーみん」の類,緑色記号は「読まれる・読めれる」の類,橙色記号は「よー読む」の類,茶色記号は「読むにぃー」の類,赤色記号は「読みえる・読みゆる・読みきる・読んがなっ・ゆみみつり」などの類です。日本語の話ことばにはそれほど多様な表現法があるのです。

『方言文法全国地図』は,全国807地点で,さまざまな文法・表現法267項目を面接調査で尋ね,得られた回答を記号にして地図上に示した言語地図です。第4集には,「行きはしなかった」などの否定表現16項目,「行ったってだめだ」などの条件表現6項目,「読むことができる」などの可能表現13項目,「おもしろかったなあ」などの過去回想表現12項目,「(運動会が)ありよる」などのアスペクト表現8項目について,55面の言語地図を収めています。また,地図化の方法,各図の解説,調査結果の生資料を詳しく示した解説書を付けています。

方言文法全国地図 第4集
国立国語研究所編 大蔵省印刷局発行
平成11年4月刊

方言文法全国地図

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。