国語研の窓

第6号(2001年1月1日発行)

暮らしに生きることば

「しかと承りました」

一昨年の正月に『けろりの道頓』という歴史ドラマがフジテレビで放映されました。私財をなげうって大阪の道頓堀川を造った河内の豪族・安井道頓の一生を描いた作品です。

西田敏行扮する道頓のセリフにこんなのがありました。地面にひれ伏し,道頓堀川の造成について役人から許可の通告を聞いた道頓が,それを受けて「しかと承りました」と答えたのです。これを聞いたとき「適切なことばがあるものだなぁ」と感心しました。とりわけ「しかと」の部分に感動しました。

今でしたらこんな時何と言うでしょうか。「確かに~」では受け止め方がまだ緩いような感じがします。後半の「承りました」の部分はどうでしょう。「分かりました」ではずいぶん軽い感じがしますし,直前の「確かに」との繋がりもやや不自然です。「了解しました」とすれば受け止めの確実度は増しますが,タクシーの無線や電子メールではふさわしいでしょうが,この場面にはちょっとそぐわない感じがします。ここはやはり,「しかと承りました」しかなさそうです。

社会階層による使用の片寄りはあったでしょうが,一昔前はこんな適切なことばが,暮らしに生きることばとして普通に使われていたのです。現代の日本語に伝承されなかったのが非常に惜しい気がします。

いよいよ新しい世紀に入りましたが,文化として「しかと」伝えるべきことば,「しかと」受け継ぐべきことばというのが,いろいろとありそうです。

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。