国語研の窓

第7号(2001年4月1日発行)

暮らしに生きることば

「一筆啓上,火の用心,お仙泣かすな,馬肥やせ」
(いっぴつけいじょう ひのようじん おせんなかすな うまこやせ)

これは,徳川家康の家臣・本多作左衛門重次(1529~96)が陣中から妻に送った手紙で,簡潔な名文とされています。

この手紙にある「一筆啓上」とは,男性の手紙の冒頭に書く言葉(頭語)で,現在の「拝啓」にあたります。中世後期から使われ,多く「一筆啓上奉り候」「一筆啓上仕り候」などと書かれますが,江戸時代の手紙作法書『書札調法記(しょさつちょうほうき)』(1695)によると,相手との上下関係によって,これらを使い分けていたようです。なかでも「一筆啓上奉り候」がもっとも敬意が高いとされていました。また,目上の人には,楷書に近い書体で書き,目下には,行書や草書などのくずした書体を使うというように,書体も使い分けられていました。古くは,手紙の言葉について,かなり細かなきまりのあったことが分かります。

「一筆啓上」は,夏目漱石の書簡にも見られますが,明治時代後期には,次第に用いられなくなり,代わって,現在もっとも一般的な「拝啓」が手紙の頭語として定着しました。現在では,手紙で「一筆啓上」を目にすることは,ほとんどありません。

しかし,本多作左衛門重次の居城であった丸岡城のある福井県丸岡町では,1993年から日本一短い心のこもった手紙文コンクール「一筆啓上賞」が開かれ,入選作が本にまとめられて,話題にもなりました。「一筆啓上」は,二字の漢語で簡潔な「拝啓」よりも,心のこもった,温かさを感じさせてくれる手紙の言葉として,今日まで受けつがれてきたのです。これには,本多作左衛門重次の名文が一役買っているでしょう。

このように,使われなくなった言葉が文化的な遺産として,ひとびとに愛され,継承されていくこともあるのです。

(小椋 秀樹)

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。