国語研の窓

第8号(2001年7月1日発行)

ことばフォーラム報告

国立国語研究所第5回「ことば」フォーラム「「ことば」ってなんだろう?」(概要)

さる5月12日(土)に,第5回「ことば」フォーラムが国立国語研究所講堂で開催され,約130名の方の参加がありました。今回のテーマは「「ことば」ってなんだろう?」です。講師は,井上優,植木正裕,三井はるみの3名が担当しました。

フォーラムでは,「私たちは日本語が話せるのに,なぜ国語の勉強をやらないといけないのか」,「最近の若者のことばは,何を言っているのかさっぱりわからない」といった,日常生活で感ずる素朴な疑問に答える形で,「ことば」の多様な側面について解説しました。そして,まとめとして,

「ことば」と上手につきあうためには,「ことば」に多様な側面があることを理解することが最も重要である。

ということを述べました。

以下では,「若者ことば」を例として,フォーラムの内容のエッセンスをまとめます。

ことばには次の三つの側面があります。

  1. 「ことば」は一定のしくみを持った一つのシステムである。
  2. 「ことば」はコミュニケーションの道具である。
  3. 「ことば」は使い手一人一人の中にある「ウチなる文化」の一つである。

若者ことばを使わない人にとって,若者ことばの大部分は聞いてもすぐに意味がわからないものです。「ことばはコミュニケーションの道具である」という観点から言えば,「若者ことばはまるっきり違うことばだ」ということになります。

しかし,若者ことばの作り方そのものは,基本的には既存のしくみを応用しているにすぎません。例えば,「ゲーセン」(ゲーセンター)や「スノボ」(スノード)などの例にみられる短縮のパターンは,「東大」(学)や「パソコン」(パーソナル・コンピューター)と全く同じです。「ことばは一つのシステムである」という観点から若者ことばを見れば,「しくみそのものは大した違いはない」という側面が見えてくるのです。

つまるところ,若者ことばは,既存のことばのしくみを応用した一種のことば遊びです。そして,その背景には,「人とコミュニケーションをするための道具は,楽しくて粋な道具の方がいい」という,ごく自然な感覚があります。この点からしても,若者ことばを全面的に否定することは不自然なことといえます。

しかし,若者ことばに違和感を覚える人にとっては, 若者ことばのしくみや背景が頭で理解できたからといって,その違和感自体がなくなるわけではありません。それは,「ことば」には,使い手一人一人の中にある「ウチなる文化」の一つであるという側面があるからです。若者ことばをめぐる問題は,本質的に「世代間の文化摩擦」という問題なのです。社会の一員である以上,自らの「ウチなる文化」を主張するだけでなく,自分以外の「ソトなる文化」を尊重することが必要なことはいうまでもありません。前述のように,若者ことばを全面的に否定することは不自然なことですが,若者ことばに違和感を感じる人がいる以上,若者ことばを全面的に肯定することもまた不自然なことなのです。

このように,若者ことば一つとっても,「ことば」のどのような側面に注目するかで,異なる結論が得られます。しかし,いずれの結論も,「ことば」の多様な側面に即した自然な結論です。「ことば」と上手につきあうということは,異なる結論の間でうまく折り合いをつけながら,とるべき道を探るということにほかなりません。「ことば」をめぐる問題について考える際には,「ことば」に多様な側面があることを常に念頭に置き,一つの結論で満足することなく,むしろ,それを出発点として,「別の観点から見たらどうなるか」を考えることが大切です。

(井上 優)

  第5回「ことば」フォーラム:http://www.ninjal.ac.jp/archives/event_past/forum/05/

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。