ニュース

2019.09.11 2019年09月11日 マスメディア掲載

朝日新聞「(考・ヒト×テクノロジー←→ミライ : 5)スマホ・AI,言語を変える」ほか(窪薗晴夫 教授)

スマートフォンの登場で,あなたの「ことば」はどのように変わりましたか? 国立国語研究所の窪薗晴夫 教授(理論・対照研究領域)のコメントが,朝日新聞の記事に取り上げられました。

スマートフォンの登場で,あなたの「ことば」は何かが変わりましたか?

普段,私たちがスマートフォンを使い,会話やメッセージとして入力している文章。 さらに,了解の意で「りょ」,感動を表す「エモい」,そしてたくさんの表情を持つ絵文字やスタンプ。窪薗先生は「まだ実証的な研究ができるほど時代が進んでいない」とことわりつつも,「話しことばが書きことばの中に入ってきた」とみています。

技術の発達は,言語にどのような影響を及ぼしていくのでしょうか? 詳しくは,朝日新聞の以下の2記事をご覧ください。

朝日新聞

掲載紙 『朝日新聞』(2019年8月27日 朝刊  P.26)
記事タイトル (考・ヒト×テクノロジー←→ミライ : 5)スマホ・AI,⾔語を変える
URL https://www.asahi.com/articles/DA3S14153780.html(朝日新聞 DIGITAL・有料記事)
掲載紙 『朝日新聞 DIGITAL』(2019年8月30日 )
記事タイトル 略語の法則無視した「りょ」 話し言葉化する書き言葉
URL https://www.asahi.com/articles/ASM8Q4JWWM8QUCVL00C.html(朝日新聞 DIGITAL・有料記事)
登場する
研究者
窪薗晴夫 (理論・対照研究領域)