ニュース

2020.09.17 2020年09月17日 マスメディア掲載

雑誌『AERA』に石黒圭 教授のコメントが掲載されました

雑誌『AERA 』(朝日新聞出版)に石黒圭 教授(国立国語研究所 日本語教育研究領域)のコメントが掲載されました。リモートワークにおけるメールやチャットの文章は,副詞の使い方にも気を配る必要があるそうです。同社のサイト「AERA dot.」でも記事の抜粋が公開されています。興味を持たれた方は,石黒教授の著書『リモートワークの日本語 ~最新オンライン仕事術~』もあわせて読んでみてくださいね。

メディア掲載情報 石黒圭 教授「AERA」

『AERA 』および「AERA dot.」(朝日新聞出版)

掲載誌 『AERA (アエラ)』2020年 9/7 号
特集:脳のオンライン疲れに今すぐできる14の習慣
掲載サイト 「AERA dot.」(株式会社 朝日新聞出版)
記事タイトル ビデオ通話を常時接続で「コミュ不足」解消する企業も 監視ではなく「声かけ」しやすさに重点
URL https://dot.asahi.com/aera/2020090300031.html
登場する
研究者
石黒圭 (日本語教育研究領域)