ニュース

2020.12.22 2020年12月22日 マスメディア掲載

「他人事」の読みは? 『週刊ポスト』に小木曽智信 教授のコメントが掲載されました

みなさんは「重用」という漢字を「ちょうよう」と読みますか? それとも「じゅうよう」でしょうか? 先日は,漢字の読みには強いはずのアナウンサー同士でも答えが分かれ,放送中に謝罪が入るアクシデントが話題になりました。

時代とともに読み方が変化した漢字や熟語はたくさんあります。その読みの変化にはどのようなパターンがあるのでしょうか。

「週刊ポスト」に小木曽智信教授のコメントが掲載されました

国立国語研究所の小木曽智信 教授のコメントが『週刊ポスト』『NEWSポストセブン 』に掲載されました。「他人事」「重複」「早急」などを例に挙げ,”読み間違い”が慣用化して定着したパターンについて解説しています。大変興味深い内容の記事になっていますので,ぜひ読んでみてください。

週刊ポスト・NEWSポストセブン

掲載誌 小学館『週刊ポスト』(2020年11月27日・12月4日号)
記事タイトル いつの間にか“正解”が変わっていた「難読漢字」の新しい読み方
URL NEWSポストセブン : 重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?(2020年11月21日)
https://www.news-postseven.com/archives/20201121_1613142.html
登場する
研究者
小木曽智信 (言語変化研究領域)