ことばの疑問

数字「0」の読み方

2015.04.30 山田貞雄

質問

仕事で「0歳児」を「ゼロ-サイ-ジ」と読んでいますが,或る人が,電話番号や郵便番号などの数字を読み上げるときは「ゼロ」ではなく「レイ」の方が正式だ,と言った,と聞きました。ということは「レイ-サイ-ジ」の方がよいのでしょうか。

解答

NHK放送文化研究所編『NHK ことばのハンドブック』では,数字単独で読む,整数としての『0』は『レイ』であると基準を表中に明記しています。ただし「注1」で,「『無い』ということを強調する場合,および固有の読みが決まっている場合は,〔ゼロ〕と言ってもよい。」としています。その筆頭が,この「ゼロ歳児」の語例です。一緒に挙げている「ゼロシーリング」とともに,「固有の読みが決まっている」例と読み取れます。これらがいわば「ゆれる」ことなく,実際どちらも同じくらいに定着した語形かどうか,はさておいて,放送上の規範は,ここで示されています。

また,数学の分野での「0」の概念について書いた有名な一般書の書名は『零の発見』という本ですが,図書館で扱う書誌情報では,漢字の表題を「ゼロ-の-はっけん」としています。ここでは単なる数値や数字としてではなく,概念としての「ゼロ」であるので,上のハンドブックを借りていえば,「『無い』ことを強調する場合」に限りなく近いといえるかもしれません。

さて,国立国語研究所で電話応答の最中に,質問者から電話番号を伺う場合,大抵「ゼロ」と言われるのを聞き取ります。が,こちらからお知らせする場合には,外来語の「ゼロ」をはさまずに,最初は漢語「レイ」で言うように統一しています。これは,いわば「ワン」や「アン」,「イー」などの数字の外国語形を,和漢の数字の語に混ぜて使うことがない,ということから,和漢の読みで通す,という理由あってのことです。しかし,聞こえの印象は「レイ」より「ゼロ」の方が確実です。正確に伝達することを旨として言い直す場合には「ゼロ」を用いて,いわば和漢の読み方を重複する「文選読み」のように,しばしば両様を連続して,復唱するようにしています。

書いた人

山田貞雄

YAMADA Sadao
やまだ さだお●伝統的な日本語学(旧国語学)を勉強したのち,旧図書館情報大学では,写本と版本の二種によって,『竹取物語』を読みとく授業や,留学生のための日本語・日本事情を担当。その後,国語研究所では,「ことば(国語・日本語・言語)」に関する質問に回答してきました。日常の言語生活や個々人の言語感覚が,「ことば」のストレスにどう関わるか,そこに “言語の科学”は,どこまで貢献できるか,が,目下最大の興味の的です。