ことばの疑問

「大きい」「高い」「強い」

2015.04.30 山田貞雄

質問

「可能性」が「高い」という表現と,「大きい」という表現,さらには,「強い」という表現も見られます。自分では意識せずにどれかを使ってしまっていますが,何か違いや決まりはあるでしょうか。

回答

「可能性」ばかりではなく,「意識」(高い・強い),あるいは「依存(性)」(高い・強い)なども,その形容詞に何を使えばよいか迷ったり,現実の文章にいろいろあったりして,同じことなのか,別のことなのか,その意味内容についても判断を迷う,などという問い合わせがあります。

このことを言語学では,コロケーションといったりします。言い換えれば,「それぞれの言葉(語彙)が文章を作るとき,きまって親しく付き合う仲間の言葉」といったらよいでしょうか。ここでは,「可能性」の場合には,「高い」も「大きい」もどちらもいう(共起)ことがあります。また,このようなことは,上のような抽象的な事柄だけではなく,「隙間」(広い・大きい)や「騒音」(大きい・強い),「平均寿命」(高い・長い)など,身近な物事や現象についても,同じような「言葉仲間」の関係がみられます。

これらの言葉仲間の相手選びの様子については,現代では,国立国語研究所の進めている,コーパス言語学(大量の電子言語情報を駆使して,客観的に言語使用の特質を観察・分析しようとすること。)の研究分野で以下のように,すすみつつあります。 このいわば「親しく付き合う言葉仲間の顔ぶれ」は,時代や年代によって異なる,ということがあります。(例:「効果」は従来「大きい」と仲がよかったのですが,最近では主に若い世代で,「高い」とも仲良しに使われる。) またたとえば,同じように「確率」の概念を表す言葉でも,「可能性」の場合は「高い」とも「大きい」とも,どちらともお付き合いがあります。が,「頻度」となると「高い」としか付き合わず,「確率」の場合は「高い」がより多く,「恐れ」の場合は「大きい」の方が優勢,といったように,語ごとに相手を選ぶ癖があることもわかっています。

このようなことは,たとえば「密度」に「高い」をつかってよいだろうか,とか,「環境への配慮」は「高い」といえるだろうか,などということがらにも解決の一助となるでしょう。これは,反対に「高い」という言葉はどういうときに,どういう状況を物語る役割をしてくれるのか,といった観点でも有益な情報を提供してくれます。 ここでは,前者は「数値」あるいは「度合い」,後者は「度合い」あるいは「程度」などという言葉を挟んで考えてみると,より明解に,どちらも「高い」といえる,と判断がつきやすくなるのではないでしょうか。

書いた人

山田貞雄

YAMADA Sadao
やまだ さだお●伝統的な日本語学(旧国語学)を勉強したのち,旧図書館情報大学では,写本と版本の二種によって,『竹取物語』を読みとく授業や,留学生のための日本語・日本事情を担当。その後,国語研究所では,「ことば(国語・日本語・言語)」に関する質問に回答してきました。日常の言語生活や個々人の言語感覚が,「ことば」のストレスにどう関わるか,そこに “言語の科学”は,どこまで貢献できるか,が,目下最大の興味の的です。