ことばの疑問

手紙や文書のあて名に付ける敬称などには,どういった種類がありますか

2022.05.12 井上文子

質問

手紙や文書のあて名に付ける敬称などの種類について,説明してください。
※ この記事の初出は『新「ことば」シリーズ』14号(2001,国立国語研究所)です。当時の雰囲気を感じられる「ことばのタイムカプセル」として,若干の修正を加えた上で公開します。

様,殿,御中,先生,各位

回答

一般に,手紙や文書のあて名に使われている敬称などには,次のようなものがあります。

男性・女性を問わず,目上・目下に関係なく,最も一般的な敬称として広く用いられています。なお,連名の場合にも,敬称はそれぞれに付けます。

様は最も一般的な敬称

殿

「これからの敬語」(昭和27,国語審議会建議)では「公用文の「殿」も「様」に統一されることが望ましい。」と述べられたのですが,現在でも公用文では一般に「殿」が使われています。

公用文のあて名は,機関名,部局名,役職名,個人名など,多種で複雑です。役職名をあて名にする場合にも,「○○株式会社取締役社長殿」のように,「殿」が多数派で,「様」は少数です。機関名の場合にも,「○○会社殿」のように,「殿」を付けることが行われています。

殿は公用文で使われることが多い

このように,公用文で「殿」が引き続き使用されていることには,公と私の区別が明確になる,官職名や役職名に付けてもおかしくない,などの理由があると言われています。

ただし,昭和40~50年代から,地方公共団体の中には,公用文でも「殿」をやめ,「様」にするところが出てきました。静岡県・神奈川県・愛知県・埼玉県・千葉県などが,文書の中の敬称を「殿」から「様」に切り替えました。

このような「様」への移行は,「殿」が上意下達式の尊大さを感じさせる,「殿」を用いると目下扱いにされた気持ちになる,「殿」では必要以上に堅苦しい,などという人々の意識に対応したもののようです。

「第1回現代人の言語環境調査(敬語)」(昭和62,NHK放送文化研究所)では,「役所からの手紙に「山田花子殿」と書いてありました。この書き方についてあなたはどう思いますか。」と東京・大阪でたずねています。結果は,両地域とも,「「山田花子様」のほうがいい」が7割近く,「「山田花子殿」でいい」は2割弱に過ぎませんでした。ここでも「殿」より「様」が好まれる状況が現れています。

先生

恩師をはじめ,教師・医師・議員などの職業の人に対し,敬意を込めて用いることがあります。「先生様」は敬称の重複となるので避けるべきです。

『平成11年度国語に関する世論調査』(平成12,文化庁文化部国語課)では,ふだんの生活の中で,間違った言い方やふさわしくない言い方として,人の言葉や書かれた言葉が気になるかどうかをたずねています。「(吉田達夫先生に出す手紙のあて名として)吉田達夫様」とすることについてはどうかという項目には,7割近い人が先生に対して「様」を使っても気にならないとしていますが,先生に対して「様」は失礼であり,「吉田達夫先生」とすべきだと感じる人も2割を超えています。

先生に対して「様」では失礼だと感じますか?気にならないが69.1%,気になるが23.4%
出典 : 文化庁「平成11年度「国語に関する世論調査」の結果について」3〈Q1〉(8)より(https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/h11/

御中

会社・官庁・学校など,団体・機関・組織あての手紙や文書で,個人名を書かず,機関名や部局名だけをあて名にする場合は,現在では「御中」を用いるのが普通です。部課名を連記する場合にも,「御中」は最後に一つだけ添えればよいとされています。

「御中」は,ある組織に属する人すべてを指す言い方で,組織に対する敬意を含みますが,敬称とは異なります。その中にいる人にあてる,という意味です。

御中はある組織に属する人すべてを指す

各位

手紙の表書きとしては使いませんが,文書のあて名に用いるものに「各位」があります。ある組織に所属する一人一人に,個人名を省略して,同文の手紙や文書を送る場合に使います。「社員各位」「会員各位」「保護者各位」などがその例です。

この「各位」の「位」は,「皆様方それぞれ」の意味です。「各位」だけで十分敬意を表しているので,「各位様」「各位殿」のように,「様」や「殿」を付ける必要はありません。

各位は個人名を省略して,同文の手紙や文章を送る場合のあて名

なお敬称については,これまでの問答集でも取り上げられていますので,併せてご覧ください。

書いた人

井上 文子

井上文子

INOUE Fumiko
いのうえ ふみこ●国立国語研究所 言語変異研究領域 准教授。
会話に現れる地域差に関心を持っています。自分とは違う出身地の人と話をしていると、アクセントや語彙の違いに気がつくことがありますが、それだけではなく、話し方そのものに差を感じることもあります。個人差はあるにしても、それぞれの地域に特有な話の進め方のパターンがありそうなので、その観点から各地の方言をとらえたいと思っています。

参考文献・おすすめ本・サイト

  • 文化庁(編)(1978) 第二部 手紙の書き方,『「ことば」シリーズ9 言葉に関する問答集4』 大蔵省印刷局
  • 文化庁(編)(1981) 問41,『「ことば」シリーズ15 言葉に関する問答集7』 大蔵省印刷局
  • 文化庁(編)(1984) 問38,『「ことば」シリーズ21 言葉に関する問答集10』 大蔵省印刷局
  • 文化庁(編)(1989) 問26,『「ことば」シリーズ31 言葉に関する問答集15』 大蔵省印刷局
  • 文化庁(編)(1995) 問19,『新「ことば」シリーズ2 言葉に関する問答集―敬語編―』 大蔵省印刷局
  • 文化庁(編)(1996) 問29,『新「ことば」シリーズ4 言葉に関する問答集―敬語編 2―』 大蔵省印刷局
  • 文化庁「これからの敬語(建議)」(https://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kakuki/01/tosin06/index.html
  • 国立国語研究所「これまでの刊行物 新「ことば」シリーズ」(https://www2.ninjal.ac.jp/past-publications/publication/catalogue/shin_kotoba_series/