#方言・地域差

研究室から:社会言語学的調査に携わって

社会言語学的調査に携わって 国立国語研究所では創立以来多くの社会言語学的調査研究を行ってきました。北海道における共通語化の調査,山形県鶴岡市における共通語化の調査,愛知県岡崎市に ...

研究室から:『方言文法全国地図』の30年

『方言文法全国地図』とは 1976年の計画開始から30年。このほど,2006年3月に『方言文法全国地図』全6巻が完成しました。 『方言文法全国地図』は,方言の文法に関する全 ...

研究室から:「全国方言談話資料データベース」の作成と研究

日本各地の方言が急速に変化し失われていく現在では,伝統的な方言の実態を記録し,後世のために資料として残すことが,緊急かつ重要なことだと考えられるようになりました。こういう状況の中, ...

研究室から:「じいじ」「ばあば」

―全国調査から使用状況を見ると…― 「じいじ」「ばあば」という言葉 最近よく耳にする言葉に「じいじ」「ばあば」があります。「おじいさん」「おばあさん」という意味ですが,こうした ...

知らなかった! 気づかない方言 (ロング版)

日常会話で使っているそのことば,実は方言かもしれません。「食器かたしといて!」「蚊にくわれた!」 日本全国どこにでも,その地域だけのことばがあるのです。 国立国語研究所「ニホンゴ ...

知らなかった! 気づかない方言 (ショート版)

日常会話で使っているそのことば,実は方言かもしれません。「食器かたしといて!」「蚊にくわれた!」 日本全国どこにでも,その地域だけのことばがあるのです。 国立国語研究所「ニホンゴ ...

琉球沖永良部語ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」

2月10日(日),国立国語研究所にて,どなたでもご参加いただける無料ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」を開催します。みなさまぜひ,お気軽にご参加ください ...

現代ビジネス : 「大阪弁は消滅危機言語」という意外な現実(木部暢子 教授)

『現代ビジネス』に,国立国語研究所の木部暢子 教授(言語変異研究領域)の記事が掲載されました。実は「大阪弁」も消滅危機言語? 未読の方はぜひこの機会にお読みください。 現 ...

特集 : 日本語から世界の諸言語へ

方言とアクセント 日本語は地域(方言)によって単語のアクセント(音の高低)が大きく異なることが知られています。たとえば標準語(東京方言)と鹿児島方言では,基本的な語彙のアクセ ...

特集 : 方言を残すために

「方言」とひとくちに言っても,極めて多様で,それぞれに個性があります。まずは,方言のおもしろい表現を紹介しましょう。上の写真は宮崎県東(ひがし)臼杵(うすき)郡椎葉村( ...