#歴史・変化

「五十音」の数はどうして五十ではないのですか

「五十音」の実際の数は,五十ではありません。どうしてですか。また,いつどうやってできたのですか。 ※ この記事の初出は『新「ことば」シリーズ』14号(2001,国立国語研究所)です ...

「上から目線」の「目線」は昔からあることばですか

「上から目線」の「目線」は昔からあることばですか。

「流れにさおさす」などの慣用句が,本来とは異なる意味で使われるのはなぜですか

「流れに棹(さお)さす」などの慣用句に,最近異なる解釈の仕方が広がっていると聞きました。例えばどのような解釈があるのでしょうか。 ※ この記事の初出は『新「ことば」シリーズ』17号 ...

「国」と「國」のように,昔と今とで形がちがう漢字があるのはなぜですか

「国」と「國」のように,昔と今とで形がちがう漢字があるのはなぜですか。 人情本『比翼連理花廼志満台』初編上(国立国語研究所蔵)より加工

「全然おいしい」

最近テレビなどで,単に「全然おいしい」「全然大丈夫」などとする表現が,しばしば使われて気になります。私は昔,学校で,「全然」は否定の表現でだけ使うものだ,と習ったような気がしますが ...

「○○とは違って」というのを「違くて」とか「違うくて」という人がいますが,なぜですか

「○○とは違って」というのを「違くて」とか「違うくて」という人がいますが,なぜですか。

「とても大きい」のような「とても」の使い方は,昔は間違いとみなされていたのですか

「とても大きい」のような「とても」の使い方は,昔は間違いとみなされていたと聞きました。本当でしょうか。