#コーパス

研究室から:『現代日本語書き言葉均衡コーパス』進捗報告(3)

コーパスに取り込む文章は,すでに印刷されて世の中に出回っている本・雑誌・新聞等から選ばれます。公刊されているすべての文章には「著作権」があるため,著作権サブグループではサンプリング ...

研究室から:『現代日本語書き言葉均衡コーパス』進捗報告(2)

形態論情報の付与 言語研究では,例えば小説『明日の記憶』には,どの語がどのくらい使われているのか,「文化」という語は単独で使われることが多いのか,それとも「上方文化」のように他の ...

研究室から:『現代日本語書き言葉均衡コーパス』進捗報告(1)

現在,国立国語研究所研究開発部門では,『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の構築を進めています。これは,現代日本語のさまざまな書き言葉をバランスよく集めた,1億語規模のデータベースで ...

研究室から:『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の構築

1.『現代日本語書き言葉均衡コーパス』とは 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』は,国立国語研究所が構築を進めている現代日本語の大規模なデータベースです。最終的な規模は1億語以上, ...

研究室から:「太陽コーパス」の構築と活用

1.「コーパス」とは? 近年の情報技術の進展によって,日本語研究の方法にもいくらか変容が見られます。なかでも,研究を大きく進展させる可能性をもつものとして,コーパスを用いて,精度 ...

研究者紹介 : 山崎 誠

― 語彙に関する研究を大学時代から行ってきた,とのことですが。 今はコーパス(文章を大規模に集めてデータベース化したもの)がありますが,昔は文献を片っ端から見ていくことをして ...

研究者紹介 : 前川喜久雄

― 音声学に長年関わっていらっしゃる印象があります。 学部の卒論から40年近く,音声学をやっています。400本近い論文を書きましたが,その9割弱は音声に絡んでいます。また,1 ...

研究者紹介 : 砂川有里子

― 日本語教育や日本語研究に関心を持ったきっかけを教えてください。 大学卒業後,ニュージーランドに1年いたのですが,生活費を稼ぐために中学高校で日本語を教えていました。飛び込 ...

研究者紹介 : ビャーケ・フレレスビッグ

―デンマークご出身の先生がなぜ,上代日本語(奈良時代以前の日本語)にご関心を? デンマークのコペンハーゲン大学で,言語学のコースをとりました。大学では,ヨーロッパ語ではない語 ...

研究プロジェクト紹介:話しことばのデータベース

前川 喜久雄(言語行動研究部第二研究室長) 話しことばは我々のもっとも基本的なコミュニケーションの道具です。しかし,話しことばの言語学的な研究には,書きことばに比べると様々な困難 ...