#調査

与論方言調査ドキュメント ~言語と文化の多様性を守るために~

消滅危機言語・方言――話す人が少なくなり,将来的になくなってしまう恐れのある言語・方言が日本各地に存在しています。 ことばが消滅するとは何を意味するのでしょうか? その危機に対し ...

暮らしに生きることば

お正月にちなんで,「元日」の頭の音をとりあげてみましょう。 元日のガをグヮのように発音する地域があります。歴史的仮名遣いでは,元日の「元」を「ぐわん」と表記します。今は,ガン ...

暮らしに生きることば

「日本語の達人」というとどのような人を想像するでしょうか。難しい漢字をたくさん知っている人,言葉遣いの美しい人,文章の巧みな人,多くの情報を短時間で読みこなす人,いつも必要十分で心 ...

日本語教育の学習環境と学習手段に関する調査研究

日本語教育の多様化を把握する 近年身の回りに日本語を話し,学習している外国の人々が増えていることは周知の事実です。日本語学習者は国内では13万人(文化庁,2003),海外では20 ...

新刊紹介「学校の中の敬語1―アンケート調査編―」

国立国語研究所報告118『学校の中の敬語1-アンケート調査編-』 2002年4月発行,三省堂,B5判376ページ,10,000円(税別) 国立国語研究所は,設立以来,国民の敬語 ...

新刊紹介「全国方言談話データベース 日本のふるさとことば集成」

国立国語研究所資料集13『全国方言談話データベース 日本のふるさとことば集成』 国書刊行会発行 定価:6,800円(税別) 冊子:1冊 A5判 約200ページ,CD:1枚,C ...

南部弁方言調査(青森県八戸市)の様子が紹介されました

今,若い人を中心にその良さが見直されている各地の方言。しかし地域によっては,若い人に昔ながらの方言が通じなくなったという声が聞かれます。失われつつある各地の方言を調査し,次世代に引 ...

半世紀に渡ることば遣いの変化に迫る―第三次岡崎調査―

3回目の岡崎調査 国立国語研究所は,創立の翌年にあたる昭和24年から,全国各地でことば遣いの実態を明らかにする調査を企画・実施してきました。地域社会やそこに住む人がどのようなこと ...

刊行物紹介:『病院の言葉を分かりやすく―工夫の提案―』

国立国語研究所「病院の言葉」委員会(委員長:杉戸清樹所長)は,患者にとって分かりにくい「病院の言葉」を分かりやすく伝える工夫を,医療者に対して提案しています。この「『病院の言葉』を ...

NHK NEWS WEB 「70年ぶりの識字調査実施へ 未就学者や外国籍の増加受け」(野山広 准教授)

6月10日,NHK 『NEWS7』に国立国語研究所の野山広 准教授(日本語教育研究領域)が登場し,70年ぶりに実施予定の「識字調査」について,その目的や社会背景が紹介されました。関 ...