#辞書・辞典

朝日新聞 『ことばのたまゆら』― 時代を映すデータ「コーパス」(柏野和佳子 先生)

3月20日付の朝日新聞夕刊 コラム『ことばのたまゆら』に,国立国語研究所の柏野和佳子 准教授(音声言語研究領域)が登場しました。 大量のことばデータを扱う国語研の「現 ...

日本語の辞書はいつの時代からあったのでしょうか。誰がどう使っていたのですか

日本語の辞書はいつの時代からあったのでしょうか。誰がどう使っていたのですか。

国語研の『出前授業』ってどんなもの?(2019年度に実施した3回の出前授業)

国立国語研究所では,小・中学生が「ことばっておもしろい」と感じてくれるよ うなプログラムを実施しています。学校や,児童館,学習館等へ出向いての出前授業を行っています。今年度実施され ...

刊行物紹介:『新「ことば」シリーズ22「辞書を知る」』

新「ことば」シリーズは,世の中で関心の高い言葉の問題を取り上げ,専門家による的確で分かりやすい解説を加えた一般向けのブックレットです。今回のシリーズ22では「辞書」をテーマに取り上 ...

読売新聞 : 「本の仕事場」(柏野和佳子 准教授)

2020年4月20日の読売新聞夕刊「本の仕事場」に,国立国語研究所の柏野和佳子 准教授(音声言語研究領域)の記事が掲載されました。国語辞典の改訂やコーパスの構築・活用に取り組む柏野 ...

語源や由来の説

番組制作会社で仕事をしています。これから放映するクイズ番組を企画しています。国語の語源や由来をインターネットで集めましたが,その真偽を国立国語研究所で明らかにして,保証してくれませ ...

著書紹介 : 明解方言学辞典

木部暢子 編 三省堂 2019年4月 『明解方言学辞典』書影 ハンディで内容がコンパクトにまとまっていて,「フィールドワークに持って行く」(はしがき)だけでな ...

著書紹介 : 『広辞苑』第7版

新村 出 編 岩波書店 2018年1月 書影 新しく改訂された『広辞苑』〔7版〕には,「ドラえもん」が載った。そのうれしさとは別に,ぼくの関心は「ことばの説明 ...

著書紹介 : 『色葉字類抄』の研究

藤本灯 勉誠出版 2016年3月 表紙 国語資料研究において,諸本研究と明らかにすべく,古記録をはじめとする出典研究は対象資料の性格を見極める上で重要な方法で ...

研究室から:『分類語彙表』増補改訂版について

『分類語彙表』とは 『分類語彙表』は1964年(昭和39年)に国立国語研究所資料集として刊行された日本語のシソーラス(類義語集)です。 刊行当初から,国語の研究だけでなく言 ...