#木部暢子

松江市で出雲方言に関する展示を行いました

9月22日(土)に,島根県松江市で開催された松江市民活動フェスタ(http://blog.canpan.info/ringring/archive/657)にて,モバイル型展示ユニ ...

放送大学のBSキャンパスex特集「生きた日本語と格闘する 日本語研究70年 第2回」

放送大学 BSキャンパスex特集「生きた日本語と格闘する 日本語研究70年 第2回」の放送予定が決まりました。 誕生から70年をむかえた国立国語研究所。日本語研究を積み重ね, ...

弘前大学にて連携授業とモバイルミュージアムの展示を行いました

国立国語研究所「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」プロジェクトと人間文化研究機構広領域連携型プロジェクト「方言の記録と継承による地域文化の再構築」は,東京 ...

広領域連携型基幹研究プロジェクト : 方言の記録と継承による地域文化の再構築

1995年の阪神・淡路大震災,2011年の東日本大震災,2016年の熊本地震と,私たちはこの20年間に大きな地震を3度経験しました。台風による被害や大雨による被害もたくさん起きてい ...

富山大学で「方言モバイル・ミュージアム」が行われました

2月12日(火)~19日(火)の間,富山大学附属図書館中央図書館にて「方言モバイル・ミュージアム~消滅の危機にあることばと方言」が展示されました。 これは富山大学人文学部と国 ...

動画公開 : 大手町アカデミア「世界から方言が消えたなら?-知られざる『弱小言語』の魅力」

2月7日(木),国語研の木部暢子 教授(言語変異研究領域)が講師を務めた 大手町アカデミア 無料特別講座「世界から方言が消えたなら?-知られざる『弱小言語』の魅力」が読売新聞ビル( ...

鼎談 : プロジェクトリーダーが語る日本語の個性 ①

— まず,先生方がご担当されているプロジェクトの概要についてお話しいただきたいと思います。 窪薗私のプロジェクトは「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」と ...

開催報告 : 平成30年度危機的な状況にある言語・方言サミット(宮古島大会)

『ことば研究館』を訪れてくださるみなさまの中には,「ことばが消えていく」ことについて関心を持たれている方がいらっしゃるかもしれませんね。 11月24日(土),マティダ市民劇場 ...

職業発見プログラム: 宮城県仙台第一高等学校の生徒さんがやってきました

7月5日・6日,国立国語研究所に宮城県仙台第一高等学校の生徒さんが2名やってきました。 国語研では,ことばを研究することを通じて学問の楽しさやすばらしさを知ってもらうために, ...

特集 : 言語・方言が消えていく

言語・方言が消えていく 2009年,ユネスコ(国連教育科学文化機関)は世界に6,000から7,000ある言語のうち約2,500が消滅の危機にひんしていると発表しました。この中 ...