国語研の窓

第34号(2008年1月1日発行)

お知らせ:公開研究発表会

国立国語研究所公開研究発表会

「生活日本語」の学習をめぐって ― 文化・言語の違いを超えるために ―

国立国語研究所日本語教育基盤情報センターは,「生活のための日本語」,つまり「生活日本語」の学習をめぐる調査研究を進めています。今回の公開研究発表会は,日本語教育基盤情報センターの4つの研究グループが,それぞれ何を目指し,何を明らかにしようとしているのか,これまで何が明らかになってきたのか,ということを提示し,「生活日本語」についての議論を深めていくことを目指します。

日 時: 2008年1月26日(土) 14:00~17:00
会 場: 国立国語研究所講堂・多目的室(2階)

■プログラム
【挨拶・趣旨説明:14:00~14:10】
【発表:14:10~15:30】

金田智子 生活のための言葉:国内外先行事例から学ぶこと,実態調査から明らかにすること
宇佐美洋 評価の「ゆらぎ」を問い直す:評価観・評価プロセスを探る研究
井上 優 よく分かる日本語辞書とは
野山 広 日本語教育データベースの構築:その課題と可能性について

【コメント・ディスカッション:15:45~17:00】
コメンテータ:才田いずみ(東北大学),西原鈴子(東京女子大学)
司会:柳澤好昭

■参加費・申し込みは不要です。

■問い合わせ先 042-540-4300(代表)
■国立国語研究所ホームページでもお知らせをしています。

◇交通案内
〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
多摩モノレール:「高松駅」下車 徒歩7分
立川バス:立川駅北口2番のりばより,立川バスで「自治大学校・国立国語研究所」下車徒歩1分
立川駅より徒歩20分

平成19年度公開研究発表会:http://www.kokken.go.jp/event/koukai_kenkyu/19/

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。