国語研の窓

第5号(2000年10月1日発行)

表紙のことば

三鷹分室[現・三鷹市山本有三記念館]を訪ねて

第5号(2000年10月1日発行)表紙
国立国語研究所三鷹分室
昭和26年12月~昭和28年3月
【現・三鷹市山本有三記念館(写真は当時)】

国立国語研究所は,昭和23年12月20日の創立以来,何度か移転・改築を続けてきました。研究所は数年後に立川市に移転することになっています。そこで,立川移転までの間,本号から毎年1号くらいの割で,かつての棲家を追ってみることにしました。現庁舎しか知らない私にとっては,ちょっぴり不安であり,また楽しみな試みといえます。本号では第1回として,かつて分室として使用された,東京都三鷹市の旧山本有三邸を取り上げました。

研究所は創立当初,明治神宮所有の聖徳記念絵画館の一部を借用していましたが,仕事が進むにつれ手狭になったため,山本有三邸を分室として借用しました。山本有三氏は,戦後,日本国憲法の口語化や当用漢字の制定に携わり,参議院議員として国語研究所の創立にも尽力なさいました。昭和26年12月,山本邸が進駐軍の接収を解除されると同時に,研究所分室として提供され,研究所の一部(当時の研究第二部)が昭和28年3月まで仕事をしました。

当時分室で仕事をしていた先輩の話によれば,その頃,研究所の首脳部は,研究所の拠点をどこに置くかについて検討し,将来の研究所のことを考え,いろいろ悩んだようです。山本邸も候補の一つだったようです。もし,ここが拠点となっていたら,その後の国語研究所はどのように展開していたのでしょうか。

この建物は,現在,三鷹市山本有三記念館(市の指定文化財<重宝>)として公開され,地元の人達や文学散歩を楽しむ人達に親しまれています。大正末期の本格的な洋館であり,建築に興味を持つ人たちも訪れるようです。

作家・有三は,昭和11年から21年までここで暮らし,その間に「路傍の石」「ストウ婦人」などの作品を書きました。また,近所の子ども達に蔵書を開放しました。出入りには南面のテラスが使われ,読書会には紅茶の楽しみもあったようです。

記念館開館にあたり,接収時代に塗られたペンキをはがしたり,マントルピースを修理したり,改修が行われました。記念館の方にうかがった話では,技術的に復元が難しいところもあるが,有三居住当時の雰囲気を取り戻すべく,さまざまな努力が払われているそうです。古い建物なので,蔵書や貴重な資料の保管には苦心するところもあるそうですが,保存と継承とを大事に考えていることに好感が持てました。

(情報資料研究部 池田 理恵子)

庭から建物南面(現在)を望む(三鷹市山本有三記念館)
庭から建物南面(現在)を望む
三鷹市山本有三記念館
東京都三鷹市下連雀2-12-27

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。