ことばの疑問

パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか

2018.06.15 安岡孝一

質問

パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか。

回答

アルファベット編

まずアルファベットのキー配列について説明しましょう。パソコンのアルファベットのキー配列は,タイプライターという機械が元になっています。英文タイプライターを作ったのは,アメリカのChristopher Latham Sholesという人で,1870年の時点ではABC順を少し改良したキー配列だったと考えられます。前半のABCDEFGHIJKLMを左から右に,後半のNOPQRSTUVWXYZを右から左に並べて,そこからAEIOUYの母音を上の段に取りだしたのが,このキー配列です。この時点のタイプライターは,大文字と数字と4種類の記号が打てるものでした。キーの数は38個でした(図1参照)。

図1: 1870年9月時点のキー配列(推定)

Sholesの後ろ盾だったJames Densmoreは,このタイプライターを,シカゴのEdward Payson Porterが経営する電信学校や,ニューヨークのGeorge Harringtonが経営する電信会社に売り込みました。でも彼らは,このキー配列のままではモールス電信を受信して書き写すのに都合が悪いので,改良をおこなうようSholesに要求しました。たとえば,Iは数字の1にも使うのですが,当時の年号「1871」が打ちやすいよう8のそばに移動しました。Tは英語では2番目によく使う文字なので,捜しやすいように上の段のまん中に移動しました。SをZとEの間に移動したのは,当時アメリカのモールス符号では,Zが「… ・」で表されていたからです。Sが「…」,Eが「・」で表されていたため,「… ・」を受信しても,それがZなのかSEなのか即座に判別がつきませんでした。そこで,続く文字を受信してから,ZかSEかをすばやく打つために,ZとSとEを近くのキーに並べておいたのです。この時点でのキーの数は42個でした(図2参照)。

図2: 1872年7月時点のキー配列

Sholesのタイプライターは,E. Remington & Sonsという会社から1874年に発売されましたが,この時にもキー配列が変更されました。数字の1と0を隣り合わせにするために,IがOのそばになりました。また,RがEのそばに移されたのですが,これは,英語でerやreという綴りが頻繁に使われるからだと考えられます。この時点でのキーの数は44個でした(図3参照)。

図3: 1874年7月時点のキー配列

1882年にはWyckoff, Seamans & Benedictという会社が,Remingtonのタイプライターの独占販売権を獲得したのですが,この時にもキー配列が変更されました。Mが下の段に移されたのですが,これは,Sholesが持っている特許を避けて別のキー配列に変えることで,Sholesに特許使用料を支払わないようにするためでした。この結果,上から順にQWERTYUIOP,ASDFGHJKL,ZXCVBNMという現在と同じアルファベットのキー配列が完成しました(図4参照)。

図4: 1882年12月時点のキー配列

つまり,初期のタイプライターではABC順を元にしたキー配列だったものが,たくさんの人がその時その時の変更を加えていくうちに,現在のパソコンのキー配列になったのです。したがって,それぞれのキーを移動させた理由はあっても,キー配列全体が1つの理由で説明できるわけではないのです。

カナ編

次にカナキーの配列についてですが,パソコンのカナキー配列は,カナタイプライターという機械が元になっています。1923年に,山下芳太郎とBurnham Coos Stickneyが作ったカナタイプライターが,その源流です。山下は,日本語から漢字を追放しカナ書きだけにしよう,という活動をおこなっていて,その目的のため単身ニューヨークに渡り,カナタイプライターを作ってくれるようUnderwood Typewriterという会社に頼みに行きました。そこで,Underwoodの技術者だったStickneyと,カナタイプライターのキー配列を考えたのです。

Stickneyは,五十音の各行をそれぞれ近くに集めておいた方がキー配列が覚えやすい,と考えました。そこで,アイウエオを上の方に,カキクケコをまん中に,サシスセソをその左下に,タチツテトをそのまた左に,という形で作っていったのが,このキー配列です。それぞれのキーに2つずつ文字が入っていて,数字やセソヘケなどはシフトキーを押しながら打つしかけでした(図5参照)。

図5: 1923年7月時点のカナキー配列

1952年に日本レミントンランドという会社が,アルファベットとカナの両方を打てるタイプライターを発売しましたが,この時にカナのキー配列は大きく変更されました。QWERTYUIOPを入れるため,小書きのィや記号などは削られました。ASDFGHJKLのために数字がいちばん上の段に移されて,小書きのァゥェォャュョなどは削られました。ZXCVBNMを入れるため小書きのッは削られ,セソヘケムメが右の方に追い出されました(図6参照)。

図6: 1952年12月時点のカナキー配列

1964年にはIBMが,アルファベットとカナの両方を使えるコンピュータ用のキーボードを製作しました。この時,ヲが削られてソが元の位置に戻りました。また,コンマやピリオドの位置を優先したため,ヌやロは別のキーに移されました(図7参照)。

図7: 「IBMモデル72電動カタカナタイプライター」のキー配列(1964年4月)

さらに1970年に電電公社(現在のNTT)が,小書きのァィゥェォャュョッを復活させて,ヲを追加したコンピュータ用のキーボードを作りました。全てのカタカナがシフトキーなしで打てるよう,ムやロや半濁点が移されました(図8参照)。この電電公社のカナキー配列が,現在のパソコンのカナキー配列です。ごく一部の記号を除いて,ほぼ全ての文字が,日本のパソコンのキーボードに受け継がれているのです。

図8: 電電公社「DT-211形データ宅内装置」のキー配列(1970年9月)

つまり,初期のカナタイプライターでは五十音順を元にしたキー配列だったものが,様々な会社がその時その時の変更を加えていくうちに,現在のパソコンのカナキー配列になったのです。したがって,アルファベットの場合と同様,それぞれのキーを移動させた理由はあっても,キー配列全体が1つの理由で説明できるわけではないのです。

書いた人

安岡孝一

YASUOKA Koichi
やすおか こういち●京都大学 人文科学研究所附属 東アジア人文情報学研究センター 教授。京都大学博士(工学)。
文字コード研究のかたわら,電信技術や文字処理技術の歴史に興味を持ち,世界各地の図書館や博物館を渡り歩いて調査を続けている。https://srad.jp/~yasuoka/journal で断続的に「日記」を更新中。

参考文献

  • 安岡孝一(2003)「キー配列の規格制定史 日本編 ― JISキー配列の制定に至るまで」『システム/制御/情報』47巻, 12号, pp.559-564
  • 安岡孝一,安岡素子(2008)『キーボード配列 QWERTYの謎』NTT出版
  • 安岡孝一(2014~2015)「タイプライターに魅せられた男たち ― 山下芳太郎」三省堂ワードワイズ・ウェブ (2014年9月~2015年6月)
  • 安岡孝一(2015)「「ECONOトリビア」QWERTY記事顚末記」『情報処理学会研究報告』Vol.2015-CH-106, No.2, pp.1-8