ことばの波止場

Vol. 2 (2017年9月発行)

著書紹介 : <アクティブ・ラーニング対応>日本語を分析するレッスン

野田尚史・野田春美

大修館書店 2017年4月

アクティブ・ラーニング対応 日本語を分析するレッスン
表紙

このテキストの特徴は,「問い」を基本に構成されているところにあります。ヒントに導かれながら,まさに「日本語を分析するレッスン」が進んでいきます。発展問題の課題も含めると全15レッスン(章)に実に250問以上。良問がてんこ盛りです。想定される使い方は,「大学や短大の初年次教育科目や言語関係の基礎科目」におけるグループワークとされています。専門知識がなくても取り組むことができるので,好きなトピックを選んで,小中高の国語科教育に取り入れることもできそうです(偶然,評者はある問題を小学校6年生の教室で扱ったことがありますが,大いに盛り上がりました)。

設定された問いは,現象を観察する「どうなっている?」「どのような例がある?」というタイプのものだけでなく,「なぜ?」「どうすればいい?」という深いレベルへと展開していきます。多くの学生が既に持っている経験に“謎"を見出し,「うまくことばにするのが難しい」というもどかしさを感じつつも,ワイワイとみんなで意見交換しながら“答え"を探していく。そんな教室が思い浮かびます。「しりとり」から「外国の人の日本語」まで,豊かで不思議な日本語の世界を体感できるテキストです。

▶茂木俊伸(熊本大学)