国語研の窓

第4号(2000年7月1日発行)

暮らしに生きることば

「堪能(たんのう)」

漢字を当てることで,ことばの形や意味に思わぬ変化が起こることがあります。例えば,「堪能(たんのう)」ということば。(1)「外国語に堪能だ」,(2)「芝居を堪能する」。(1)の何かに優れているという意味と,(2)の何かに満足するという意味が,同じ「堪能」ということばで表されているのは,考えてみれば不思議です。これは,もとは別々のことばだったものが,同じ漢字で書かれるようになったために,一つのことばであるかのようになったものです。

(1)は,古くに中国から日本語に取り入れられたもので,「カンノウ」と読まれていました。(2)は,もとは日本語の「足(た)りぬ」で,「ぬ」は完了の助動詞。「満ち足りた状態」という意味でした。「たりぬ」が「たんぬ」の形に,さらに音を変えて「たんの」「たんのう」となりました。「たんのう」という形になってしまうと,語源が「足りぬ」であることは忘れられてしまいます。江戸時代から,このことばに漢字が当てられることも多くなり,「湛納」「堪納」などとともに,「堪能」を当てた例も見られるようになります。「堪」には本来「タン」の音はありませんでしたが,「湛」を「タン」と読むことなどから類推して,当てられたもののようです。

「たんのう」が「堪能」と書かれるようになったために(1)の「堪能」も,「たんのう」と読むことが一般的になりました。

『国語研の窓』は1999年~2009年に発行された広報誌です。記事内のデータやURLは全て発行当時のものです。