国語研ムービー

与論方言調査ドキュメント ~言語と文化の多様性を守るために~

動画の所要時間 約6分
消滅危機言語・方言――話す人が少なくなり,将来的になくなってしまう恐れのある言語・方言が日本各地に存在しています。 ことばが消滅するとは何を意味するのでしょうか? その危機に対して,私たちは何ができるのでしょうか? 2009年,ユネスコは,日本の8言語・方言――アイヌ語,八重山語,与那国語,沖縄語,国頭語,宮古語,奄美語,八丈語――を含む,世界中の2,500もの言語が消滅の危機にあることを発表しました。国立国語研究所では,それらを記録・保存・普及するための共同研究プロジェクトを実施しています。