ことばの波止場

Vol. 1 (創刊号 2017年3月発行)

広領域連携型基幹研究プロジェクト : 表記情報と書誌形態情報を加えた日本語歴史コーパスの精緻化

書物には,書かれている内容のほか,書物の作り方,書物の大きさ,使われている紙,書かれている文字などにそれぞれ意味があります。そして,それらから様々な情報を読み取ることができます。

本プロジェクトは,書物をキーワードに,文学(国文学研究資料館),歴史(国立歴史民俗資料館),文化(国際日本文化研究センター),言語・文字の多方面から研究者が参加し,「総合書物学」という新たな研究分野の構築をめざしています。

国立国語研究所では,言語・文字から見た書物という観点で,研究を進めています。具体的には言語単位(単語,文節,句,文など)と表記・書記単位(仮名字体,漢字字体,連綿文字列,句読点など)の情報を,日本語歴史コーパスに加えます。そして,書物と言語・文字との歴史的な関わりについて,データに基づく研究を展開します。

(高田 智和/言語変化研究領域 准教授)