ことばの疑問

「七夕」

2013.07.17 山田貞雄

質問

どうして「七夕」と書いて「たなばた」と読むのですか。

回答

「七夕」は漢字音で読めば「シチセキ」という漢語です。訓読みすれば「たなばた」という和語(大和言葉)です。漢語「シチセキ」のもともと意味する事柄は漢和辞典で明らかです。そこに日本の「たなばた」が一緒になって,そのうち和漢を区別することもなくなって,その読み方も定着したのです。

これは「サクジツ」の「昨日」を「きのう」と読んだり,「ミョウニチ」の「明日」を「あす」と読んだりするのとまったく同じです。このように,漢語と和語との切っても切れない状態が,その漢字や漢語に対する訓なのです。一語をあらわす漢字1文字に対し和語1語の対応は,単なる漢字の訓です。しかし「昨日」「明日」「七夕」は,1字であらわされる漢語ではなく,2字以上の漢字文字列全体で1語です。それに対する和語「きのう」「あす」「たなばた」もまた1語です。これを,単なる漢字1字の訓読みとは区別して,「熟字訓」といいます。この時,和語の「たな」は漢字ではどこにあたり,「はた・ばた」は漢字のどこをどう読んでいるのか,という風に,言葉の成分の内訳まで,細かく漢字の1字1字に対応させることはできません。この「七夕」のように日常使われる「熟字訓」は,常用漢字表の備考欄に読み方を示した語例として挙がっています。

さて,もともとの漢語の「七夕」は,旧暦(太陰暦)7月7日の夕べのことです。牽牛と織女という夫婦が,一年に一度だけ会うことを許されたとして,その時期に天の川の両岸の星をお祭りする,という中国の思想があり,奇数月の五節句の一つでもあります。日本では,牽牛と織女が夫婦で,仕事をさぼって楽しみにふけったので,天帝に年に一度しか会えないように罰則を与えられた,などという所はさほど伝わっていません。むしろ,その日に女子が裁縫などの技芸の腕を上げるようにお祈りしたり,あるいは宮中でその宴会(節会)せちえを開いたりすることが,伝わっています。

一方,あまりはっきり知られていませんが,日本ではもともと棚を設けてお供えし,神様の到来を待って祈ったのではないかという説があります。そこには機織りの若い女性が関わったそうです。また,この時期の農耕行事や,今でも行なわれるお盆の,先祖や死者の霊の里帰りを迎えたり,もてなしたりする行事とも,重なったと考えられそうです。それが和語の「たなばた」です。

このように,中国の「シチセキ」と日本の「たなばた」の思想や文化習慣の違い,あるいは両者の混合や発展は,言葉の問題というより事柄そのものの問題です。

一方,「七夕」をどう読むか,というのは純粋に言葉の問題です。事柄の問題が言葉の問題にも影響し,また言葉がそれらに影を落としもし,互いに響きあってきたのでしょう。もともと異なる文化・習慣としての「シチセキ」と「たなばた」の親しい関係という背景や前提はあるにせよ,単に言語の問題としてだけ考えれば,このような「熟字訓」が定着して現在に至った,という,比較的単純な言語現象です。

書いた人

山田貞雄

YAMADA Sadao
やまだ さだお●伝統的な日本語学(旧国語学)を勉強したのち,旧図書館情報大学では,写本と版本の二種によって,『竹取物語』を読みとく授業や,留学生のための日本語・日本事情を担当。その後,国語研究所では,「ことば(国語・日本語・言語)」に関する質問に回答してきました。日常の言語生活や個々人の言語感覚が,「ことば」のストレスにどう関わるか,そこに “言語の科学”は,どこまで貢献できるか,が,目下最大の興味の的です。