ことばの疑問

指示詞「これ」「それ」「あれ」は,どんなふうに使い分けられていますか

2019.03.01 金井勇人

質問

指示詞「これ」「それ」「あれ」は,どんなふうに使い分けられていますか。

これ,それ,あれ

回答

「これ」「それ」「あれ」などの指示詞は,基本的には,指示対象までの距離に応じて使い分けられます。以下では,さらに詳しい使い分けについて見ていきますが,その前に用語をいくつか導入しましょう。まず,近距離を指す「これ」を《近称》,中距離を指す「それ」を《中称》,遠距離を指す「あれ」を《遠称》と呼ぶことにします。そして,会話の現場にある対象を指すことを《現場指示》,会話の現場にない対象を指すことを《非現場指示》と呼ぶことにします。それでは,はじめましょう。

近称(これ)

太郎が手に持っているスマホを花子に見せています。

(a)
太郎「これ,買ったばかりの新しいスマホ」
花子「あ,画面が大きくて使いやすそう」
二人でスマホを見ている

太郎は近距離にあるスマホを,近称の「これ」で指しています。スマホは会話の現場にあるので,(a)の「これ」は《現場指示》ですね。それでは次の発話は,どうでしょうか。

(b)
この間,札幌でラーメンを食べたんだけど,これが絶品でさあ!
おいしいラーメンを思い出して語る

ラーメンは会話の現場にある対象ではありません。(b)の「これ」は,あくまで文章で前に登場した言葉(先行詞といいます)であるラーメンを指しています。これが《非現場指示》です(文脈指示ともいいます)。

それにしても,ラーメンは会話の現場にないのに,まるで《目の前にあるような感じ》がしますね。「これ」は《非現場指示》でも,《近称》の性質を保っているのです。したがって目の前にあるような臨場感を出したいときは,近称(これ)が選ばれやすくなります。

中称(それ)

電車の中で,太郎と花子が並んで座っています。2人の目の前(1mぐらい)のところに何か落ちています。

(c)
太郎「あ,それ,何だろ?」
花子「誰かが落とした財布じゃない?」
財布を指さす

2人(太郎と花子)から中距離にある対象(財布)は,中称の「それ」で指せます。ただし中称には《独り言では使いにくい》という特殊な性質があります。独り言では「あ,それ,何だろ?」とは言いにくいことを確認してください。

もう1つ,見てみましょう。電車の中で,太郎と花子が向き合って座っています。

(d)
太郎「あ,それ,何?」
花子「さっき買ったジュース。飲む?」
向かい合って,ジュースを手に持っている

(d)の「それ」は,聞き手(花子)の領域にある対象(ジュース)を指します。

このように《現場指示》の中称(それ)は,《中距離にある対象を指す》《聞き手の領域にある対象を指す》という,どちらも重要な2つの役割を持っているのです。

それでは《非現場指示》の中称は,どのような意味を表わすでしょうか。

(e)
この間,札幌でラーメンを食べたんだけど,なんか,それ,イマイチだったんだよね…。
ラーメン屋を思い出している

「それ」で指すと,「これ」で指したときの《目の前にあるような感じ》が消え,あくまで文章の中に存在する先行詞と《客観的に照応させる感じ》になることを確認してください。「それ」は《非現場指示》でも,中立的な指し方をするのです。したがって,特に目立ったニュアンスを出したくないときは,中称(それ)が選ばれやすくなります。

遠称(あれ)

山登りをしている太郎と花子。頂上に着いて,景色を眺めています。

(f)
太郎「あれ,スカイツリーだよね?」
花子「そうね,ずいぶん遠くからも見えるのね」
遠くのスカイツリーを見ている

太郎と花子から遠距離にあるスカイツリーを,遠称(あれ)で指しています。ただし,遠称の場合は,中称とは違って《独り言でも使える》ことを確認してください(ちなみに,近称も独り言で使えます。独り言で使いにくいのは中称だけです)。

それでは,遠称は《非現場指示》では,どのように使われるでしょうか。

(g)
太郎「昨日,喫茶店で食べたケーキあれ,おいしかったね」
花子「そうね,あれ,また食べたいな」
ふたりでケーキを思い出している

このように,《非現場指示》の遠称(あれ)は,記憶内の対象(ケーキ)を指します(記憶指示といいます)。記憶内にある対象は,過去の出来事や事物です。過去は,現在から見て《遠い》イメージを持っているので,遠称(あれ)が記憶指示に転用されるわけです。

実は(g)で「あれ」を使えるのは,花子の記憶内にも「ケーキ」があるときだけです。太郎は「昨日,一人でケーキを食べに行ったんだけど,×あれ,おいしかったよ」とは言えませんね。基本的に「あれ」は,話し手と聞き手の《共有知識》を指すのに使われます。

ただし,「この間,札幌でラーメンを食べたんだけど,あれ,おいしかったなあ」のように,独り言っぽく《思い出》を指すときは,聞き手が知らなくても「あれ」が使えることがあります。

以上,「これ」「それ」「あれ」の使い分けを見てきました。「こ~」「そ~」「あ~」の3つだけで,あらゆるものが指せるなんて,指示詞というのは良く出来ていますね!

(表1)

現場指示 非現場指示(文脈指示)
近称
(これ)
(a)近距離にある対象を指す

二人でスマホを見ている

(b)目の前にあるような臨場感を伴って先行詞を指す

おいしいラーメンを思い出して語る

中称
(それ)
(c)中距離にある対象を指す
(d)聞き手の領域にある対象を指す財布を指さす,ジュースを手に持っている
(e)客観的に照応させる感じで先行詞を指す

ラーメン屋を思い出している

遠称
(あれ)
(f)遠距離にある対象を指す

遠くのスカイツリーを見ている

(g)記憶内にある対象を指す

ふたりでケーキを思い出している

書いた人

金井勇人

金井勇人

KANAI Hayato
かない はやと●埼玉大学大学院 人文社会科学研究科 教授。
埼玉大学にて外国人留学生に対する日本語の授業,および大学院生に対する日本語学の授業を担当している。主著に『なにげにてごわい日本語』(共著,すばる舎,2011),『わかりやすく書ける作文シラバス』(共著,くろしお出版,2017)などがある。

参考文献・おすすめ本・サイト

  • 金水敏・田窪行則 編(1992)『指示詞 (日本語研究資料集 第1期 第7巻)』ひつじ書房