国語研ムービー

ことばの分類​─語種(ごしゅ)から見る日本語─(2)

動画の所要時間 約7分

講師 : 山崎誠(国立国語研究所 教授)
対象 : 中学生以上

日本語の単語は,もとからあったことば(和語),昔の中国語から取り入れたことば(漢語),主に明治以降,西欧の言語から取り入れたことば(外来語)の三つに分けられます。この区別を語種と言います。それぞれの語種ごとに色々な特徴があり,日本語の表現の幅を広げています。一方で,例えばなじみのない外来語がコミュニケーション上の問題となることもあります。どのような表現が的確に相手に伝わるか,語種という観点から考えてみましょう。

国立国語研究所「ニホンゴ探検2021」(2021年8月20日)でWeb公開された,ことばのミニ講義「ことばの分類​─語種ごしゅから見る日本語─」の第2回目です。講義の続きは以下でご覧ください。

国立国語研究所『ニホンゴ探検2021』特設サイト

『ニホンゴ探検2021』の動画一覧