ことばの疑問

「エンターテインメント」が「エンターテイメント」「エンタメ」といったいろいろな語形で使われるのはなぜですか

2019.09.24 前川喜久雄

質問

「エンターテイメント」「エンタメ」などは,本来「エンターテインメント」という形だと思いますが,いろいろな語形が使われるのはどうしてでしょう。

エンターテインメント,エンターテイメント,エンターテーメントなど,さまざまな語形があるのはなぜだろう?

回答

語形そのもののゆれ

まず「エンターテイメント」を考えます。質問の主旨は英語の原語に存在する「ン」がなぜ脱落するのかという点にあるのだと思います。しかし,実は英語においても [n] なしの発音が普通に行われています。英和辞典の発音項目を読んでみてください。中辞典クラスのものであれば,この語の発音として, [entɚteɪnment] だけでなく [entɚteɪment] も示している辞書が多いと思います。後者の発音を日本語に引き写せば「エンターテイメント」になります。類例には「任命」「仕事量」「宿題」などを意味する「assignment」があります。この語にも英語として [əsaɪnment] と [əsaɪment] の二つの発音があり,日本語の外来語としても「アサインメント」と「アサイメント」の両方が使われるようです。

また,質問にはありませんでしたが,この語には「エンターテーメント」という発音もあります。この語形が生じる原因は英語とは関係ありません。現代日本語で「エイ」という母音連鎖を「エー」と長母音に発音する傾向を反映したものだからです。「映画」を「エーガ」,「先生」を「センセー」,「その所為(せい)で」を「ソノセーデ」と発音するのと同じく,「テイメント」を「テーメント」と発音したわけです。

エンターテインメント,エンターテイメント,エンターテーメントの3つの語形ができる理由

語形の省略(その1)

次に「エンタメ」を考えてみましょう。まだ辞書には載っていない言葉ですが,インターネットの世界では広く用いられている語形です。この語の場合,明らかに省略が行われている点に特徴があります。日本語では,「自由民主党(ジ|ユ|ウ|ミ|ン|シュ|ト|ウ)」(8拍)が「自民党(ジ|ミ|ン|ト|ウ)」(5拍)に,「東京証券取引所」(13拍)が「東証」(4拍)に縮約されるように,拍数の長い語が盛んに省略されます。

略語を作り出す方策は単純ではありませんが,語や句を意味上のまとまりに従って複数のグループに分割し,各グループの冒頭を取り出して結合するのが基本的な方策です。先の「自民」,「東証」の他,「家裁」(家庭裁判所),「公取」(公正取引委員会),「独法」(独立行政法人)「棚ぼた」「やぶへび」など,幾らでも例を挙げられます。この方式の略語は,「デジカメ」(デジタル・カメラ),「ブラバン」(ブラス・バンド),「メントレ」(メンタル・トレーニング),「ブラピ」(ブラッド・ピット)のように外来語でも多数派です。これらの例からは,ほとんどの場合,取り出されるのは各グループ冒頭の2拍であることも分かります。

「エンタメ」は,「エンターテインメント」若しくは「エンターテイメント」にグループ分割に基づく略語法を適用して生まれた略語だと解釈できます。つまり,「エンターテイ(ン)・メント」を・の位置で2グループに分割し,第1グループの冒頭3拍と第2グループの冒頭1拍を取り出して結合したのが「エンタメ」だという解釈です。

ただしこの解釈には,なぜ普通に2拍を取り出して「エンメン」とせずに,3拍と1拍なのかという疑問が残りますが,これについては理由がよくわかりません。

語形の省略のしかたを拍で表したもの。各グループ冒頭の2拍が取り出されることが多い

語形の省略(その2)

外来語の略語を作る方法として余り一般的ではありませんが,「コンペ」(コンペティション),「シンクロ」(シンクロナイズドスイミング),「パンフ」(パンフレット),「サプリ」(サプリメント)のように,意味の切れ目を無視して語句の先頭を取り出すやり方もあります。この方法を「エンターテイメント」に適用してみると,「エンタ」,「エンター」,「エンタテ」などの語形が得られます。さて,こうした語形は本当に存在しているでしょうか? 最近,「エンタの神様」というテレビ番組が放送されたことにより,「エンタ」の存在が世に知られました。そして,「エンター」と「エンタテ」についても,インターネット上の用例を丁寧に見てゆくと,「エンターテイメント」の略語として用いられていることを確認できます。興味のある方は是非,検索エンジンで調べてみてください。

(前川喜久雄)

※ この記事の初出は『新「ことば」シリーズ』19号(2006,国立国語研究所)です。『ことば研究館』での公開にあたり,若干の修正を加えました。

書いた人

前川喜久雄先生

前川喜久雄

MAEKAWA Kikuo
まえかわ きくお●国立国語研究所 音声言語研究領域 教授/コーパス開発センター長。
1956年京都府出身。鳥取大学講師などを経て,国立国語研究所には1989年から在籍。『講座日本語コーパス』(朝倉書店 全8巻)の監修を務める。2011年,2012年日本音声学会 優秀論文賞を受賞。