#山田真寛

今年のニホンゴ探検はここが面白い!7月20日は国語研へ

7月20日(土)は,ニホンゴ探検2019です。ポスターも完成し,国語研ではみなさまをお迎えする準備が始まっています。今日は,ニホンゴ探検2019で行うイベントやワークショップのうち ...

未草「オノマトペハンター おのはん!|第18回 今回のオノマトペ : 「がぶがぶ・ふがふが」」(『シマノトペ』より)

みなさんは,以前このサイトでご紹介した『リズムで覚える島むに絵本 シマノトペ』を覚えていますか? この絵本は,口ずさみやすいリズムやイラストと共に沖永良部島独自のオノマトペを紹介す ...

書籍紹介 『明解方言学辞典』

研究者ではないけれど方言に興味があるという方のために,国立国語研究所の木部暢子 教授(言語変異研究領域)が編集した『明解方言学辞典』をご紹介します。 編集 ...

書籍紹介 : 『シマノトペ』―リズムでおぼえる島むに絵本​

「お母さんがわじわじ怒っている」「弟がさるさるかわいいね」…,みなさんはどんな情景を思い浮かべますか? 沖永良部島のユニークなオノマトペ(擬音語・擬態語)を集めた方言絵本『シ ...

方言版異言語脱出ゲーム「紡がれるもの~おじぃとおばぁと僕の物語~」開催

2020年2月9日(日),成城大学にて国立国語研究所主催の脱出ゲームが開催されます。「脱出ゲーム」×「方言」という歴史上初の組み合わせになるこのゲーム,あなたも謎解きに挑戦してみま ...

著書紹介 : A Grammar of Irabu : A Southern Ryukyuan Language

Michinori Shimoji 九州大学出版会 2017年2月 表紙 文法のあるべき姿を示すものとして,すべての言語研究者に本書を強く薦めたい~田窪所長も帯に書い ...

絵本を出版するためにクラウドファンディングに挑戦しています!(山田真寛 准教授,中川奈津子 特任助教ほか)

11月27日より,国立国語研究所の山田真寛 准教授(言語変異研究領域)が代表を務める「言語復興の港」プロジェクトが,4冊の琉球諸語の絵本を出版して島に届けるために,クラウドファンデ ...

琉球沖永良部語ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」

2月10日(日),国立国語研究所にて,どなたでもご参加いただける無料ワークショップ 「島ことば くんじゃい・しまむにプロジェクト」を開催します。みなさまぜひ,お気軽にご参加ください ...

特集 : 「いま何もしなければ」なくなってしまう①

言語の記録保存と継承保存 世界の言語の約半分が「いま何もしなければ」今世紀中になくなってしまうと言われており,例えばユネスコは,そのような消滅危機言語が日本には8つあると報告 ...

ワークショップ「くんじゃい しまむにプロジェクト」のご報告

2月10日(日)国立国語研究所にて,ワークショップ「くんじゃい しまむにプロジェクト」が開催されました。当日は会場に追加の椅子が入るほどの盛況で,沖永良部島国頭集落(鹿児島県大島郡 ...